棟板金 読み方

棟板金の読み方

棟板金の読み方は「むねばんきん」です。

修理費用は、約30万円から100万円前後が相場です。

棟板金(むねばんきん)

台風で飛んだ箇所として、棟板金はかなり多い箇所で雨漏りして屋根に登ったら、棟板金ごとどこかに消えてたというケースもあります。

築浅、新築でも強風で飛んでしまうことが良くある箇所です。

カラーベストの屋根下地がくされてない場合で、約30万円(50㎡未満)。 屋根ルーフィングからの張替えの場合は30万円以上の修理費用がかかります。

 

棟板金が浮いたり、飛んだりするケースは台風や強風が原因である場合が大半です。

ちなみに、棟板金周辺をDIYでコーキング剤(シーリング)にて下手にごまかして修理しようとすると、水はけが悪くなり「屋根裏全体」がダメになるほど雨漏りが悪化することがあります。

 

値段も高く技術的にも難しい箇所ですので、棟板金は「火災保険」での完全修復がベストです。

同時に壊れた「雨樋(あまどい)」なども含めて火災保険で修理できます。

 

 

大雪の雨樋の被害の火災保険の例

大雪の雨樋の被害を保険会社に自分で申請した場合の、火災保険の給付金の例で解説します。

火災保険の雨漏り修理申請

自分が申請した場合

→ 建設面積 165㎡

保険金 110万円

 

プロが申請した場合

保険給付金 206万円

保険金支給額の差額が96万円です。つまり倍の差がでるほど、支給額が違ってしまいまいました。

 

保険会社は、「保険金給付額」を「できるだけ少なく」なるようにして利益を確保しようとします。

火災保険 雨漏り

プロが申請をサポートした場合、100万円近い保険支給額の差がでるのはそのためです。

 

火災保険は自動車保険と違い、保険金を受け取った後に保険料が上がる心配がありません。

正しく申請して保険金で大切な住宅を綺麗に修復しましょう。

 

>>満額支給なら住宅損傷修復ラボ(住ラボ)

 

 

 

2019年4月22日