火災保険 請求 コツ

火災保険請求のコツ

特約にもよるのですが、実は、火災保険で火事だけでなく、台風、雪害、豪雨などで、雨樋、瓦、屋根、漆喰、カーポート、テラス、TVアンテナ等の修理費用をカバーできます。

火災保険 屋根修理 自己負担なし

つまり、火災保険は火事だけではなく、住宅そのものの保険ということです。

火災保険は、「自然災害によって損害やダメージを受けた箇所」を修理する保険なのです。

 

問題は火災保険の請求です。

例えば、自動車保険は板金屋。健康保険は医者が保険金を代わりに請求します。

しかし、火災保険の場合は請求書類を作って請求しなければ保険金が出ません。

 

また、請求方法を間違うと保険金が満額出ない場合もあります。

 

火災保険の請求にはコツがあります。

 

自分で保険申請するのは大変です

火災保険の申請書類を代行作成し保険金の申請を行うリフォーム業者はあまりありません。

自分で、家の写真を撮影し、保険会社の鑑定士と交渉しなければならないので労力と時間を要します。

 

鑑定人が保険会社と言い方が悪いのですが「グル」になっている場合は、適切な修理費用が出ないこともあります。保険金の「不払い問題」がこれです。

苦労したのに、「保険金が少ししか出なかった。火災保険に入ってた意味がない。」というケースはかなり多いのが実情です。

 

この保険金不払いを避けて、プロの鑑定人が火災保険の申請を行うサービスが便利です。

テレビCMが増えてきたのですが、評判の悪い業者も多いです。

 

実際に利用して良かった会社として、「住宅損傷修理ラボ」が唯一のおすすめです。

その具体的な口コミと評判を確認いただけます。

 

このサービスを利用すると、専門知識をもったプロ鑑定人が、あなたの住宅の損害を無料調査し保険申請し、保険金が下りたら修理業者が手配されます。

 

保険金の範囲で修理できるので自己負担ゼロで修理できます。

万が一、保険金が下りなかった場合も、お金が一切かからないので住宅損傷修理ラボが便利です。

 

住宅損傷修復ラボとは?

 

保険を使えば保険料が上がる?

自動車保険保険のように、保険が適用されると火災保険の料金が今後上がるのか?

知らない人が多いのですが、保険が下りても保険金は上がりません。

災害で家の修理が必要になったら、すぐに保険金で修理するのが良い理由の1つです。

 

時期と症状

保険が出るかどうかのは「時期(いつ)」と「症状(どのようなダメージを受けたか)」の2つだけで保険会社が審査します。

その、時期、症状を申請するのが保険請求手続きです。

 

風災補償は最大瞬間風速で決まる

風災保証は最大瞬間風速で決まります。突風や台風でアンテナ、屋根、雨樋などが壊れた場合、3秒以上、瞬間最大風速20m/秒以上の風が吹いていた場合、風災補償の対象になります。春一番程度でもこのくらいの突風は吹きますので、ポイントは「時期(いつ)」になります。いつぐらいの時間に突風が吹いたのかを覚えておく(メモ)しておくと良いです。

もちろん後から「天気情報」で調べることもできます。

3年間の期間までさかのぼり補償されます。被害を受けてから3年経過すると保険請求できませんので、風災で家が壊れたら早めに申請しましょう。

 

大雪の雨樋の被害の火災保険の例

大雪の雨樋の被害を保険会社に自分で申請した場合の、火災保険の給付金の例で解説します。

火災保険の雨漏り修理申請

自分が申請した場合

→ 建設面積 165㎡

保険金 110万円

 

プロが申請した場合

保険給付金 206万円

保険金支給額の差額が96万円です。つまり倍の差がでるほど、支給額が違ってしまいまいました。

保険会社は、「保険金給付額」を「できるだけ少なく」なるようにして利益を確保しようとします。

 

プロが申請をサポートした場合、100万円近い保険支給額の差がでるのはそのためです。

 

>>満額支給なら住宅損傷修復ラボ(住ラボ)

 

 

 

2019年4月22日